【ネタバレ】スターウォーズ9のトリビアを徹底解説&考察

この記事は 約9 分で読めます。

スターウォーズエピソード9スカイウォーカーの夜明けが劇場公開され、はやくも様々なトリビアが明らかになっています。そこでこの記事では本作をより楽しむためにもカメオ出演、オージュシーン、そしてほかの作品との関連シーンなど細かいポイントを紹介していきます。

なおネタバレも含まれますので、知りたくない人はくれぐれもスルーしてください。

初回31日間無料体験あり

ディズニープラスで視聴する

スポンサーリンク

 スノーク

本作で登場が期待されていた悪役キャラクターといえばスノークでしょう。残念ながら蘇るということはありませんでしたが、パルパティーンが身を隠していた惑星のシーンでは、ラボラトリーのような場所でスノークの体がタンクの水に漬かっているのが見えましたね。それも一体ではなく複数のスノークの体があったことからも、スノークはあくまでも操り人形だったことが分かります。

結局、スノークを裏で操作していたのはパルパティーンだったということは明らかにされましたが、それ以上の詳細には触れませんでしたね。しかしスノークはただのクローンであったことは想像に難しくないはずです。

42年

レイたちが砂漠の惑星パサーナに到着すると、偶然にもそこでは地元のエイリアン、アーキーアーキーたちが盛大な祭りを実施していました。

その様子を見てC3POが、この祭りは42年ごとに行われるものだと説明します下りがありましたね。実は42年というのは、2019年からさかのぼると、1977年を指します。

そうつまり記念すべき初めてのスターウォーズ作品、エピソード4新たなる希望が公開された年についてのトリビアだったのです。

嫌な予感がする

スターウォーズシリーズでこれまで何度も使われてきたセリフといえば、嫌な予感がする。特にハンソロが口癖のように使ったセリフですが、本作では亡くなったハンソロの代わりに彼の悪友でもあるランド・カルリジアンが惑星パサーナでこのセリフをいう一コマがありましたね。

というのもランド・カルリジアンは大勢のファーストオーダーのストームトルーパーがレイたちを追いかけてやってくるところを目撃したからです。

フォースヒーリング

スターウォーズシリーズにおいて本作で初めて登場したスキルといえば、レイやカイロレンが使うヒーリングパワーです。

実はあれと同じヒーリングパワーをほかのキャラクターも使っていたのをご存じでしょうか。そのキャラクターとは現在ディズニー+で配信中のドラマシリーズ、マンダロリアンに登場するベビーヨーダです。

ベビーヨーダはマンダロリアンと共に行動をし、帝国軍の元兵士たちが命を狙っているキャラクターで、可愛らしいみかけとは裏腹に強力なフォースを使うキャラになっています。

奇しくもそんなキャラが使う技と、レイやカイロレンが使う技が同じだったのです。というのも傷を治す力のことをジェダイの間ではフォースヒーリングといい、もともとあれはジェダイに伝わる技だったのです。

とはいえこれまでフォースヒーリングが使われたのは小説やゲームの中だけで、映画では使われたことがなかっただけにあれについては賛否両論の意見が飛び交っていますね。

D-O

本作から新たに登場した小型ドロイドといえばD-O。シスの下部が使っていた戦闘機に乗っていたD-Oはひどい扱いを受けてきたのか、レイが話しかけるとすぐに逃げようとするなど、恐怖心を抱いていましたが、徐々に人間にも慣れていきましたね。

D-Oは本作ではどちらかというとお笑い要因のようなキャラで、セリフもいくつかありました。D-Oの声に聞き覚えのある人もいたはずです。実はあの声はJJエイブラムス監督本人の声だったのです。

バトル・ドロイド

惑星キジミでバブフリックがC3POのプログラミングをハッキングするシーンでは、同じ部屋に、エピソード1、2で登場したロボット、B1バトル・ドロイドとエピソード2で登場したB2スーパー・バトル・ドロイドがいるのに気付いたでしょうか。

なぜあの場所にB1バトル・ドロイドがいたのかは謎ですが、ファンにとっては懐かしいひとコマになったはずです。

グーニーズ

衛星エンドアにたどりついたレイは、シスの短剣を取り出し、デススターの残骸に向けるシーンがありましたね。

デススターの形と短剣の一部がぴったり重なるようになっており、ウェイファインダーの場所がどこにあるかを示していましたが、あのシーンは実は映画グーニーズで登場人物たちが宝のありかを突き止めるために使った手段と同じだったのです。

C3PO

物語の中で記憶を消されてしまうドロイドといえばC3PO。シスの短剣の暗号を翻訳するためにハッキングされた彼は昔の記憶を失い、再起動されます。R2D2と再会したC3POはまるで初めて会ったかのように自分のことを紹介する下りがありますが、あのときにいうセリフはエピソード1/ファントム・メナスでC3POが言うセリフと同じです。

ちなみにC3POは自分のことをヒューマンサイボーグと自己紹介していますね。

ウェッジ・アンティリーズ

俳優のデニス・ローソン扮するパイロット、ウェッジ・アンティリーズがエピソード6/ジェダイの帰還以来、久々のカムバックを果たしています。

彼はもちろんレジスタンスの戦闘機を操縦するシーンで登場します。ちなみにウェッジ・アンティリーズは唯一メインキャラクター以外で、旧三部作の全てに登場した脇役です。

ポーグ

最後のジェダイで登場した癒し系の鳥といえばポーグ。そのボーグが本作でも再登場しています。そのシーンとはレイがルークスカイウォーカーのフォースゴーストに遭遇する惑星オクトーでの場面です。画面に映るのは一瞬だけでしたが、可愛さは健在ですね。

知ってるさ。

スターウォーズ史上最もロマンチックなセリフといえば、レイアの愛の告白に対してハンソロが言った「知ってるさ」というセリフではないでしょうか。

実はあれと同じセリフを本作でハンソロがいうシーンがあります。ハンソロの登場シーンといえばカイロレンがレイに敗れ、心を入れ変えようとする下りです。

カイロレンは「お父さん、愛してる」と口にしようとしますが、それを言う前にハンソロは「知ってるさ」と答えます。

そう、ハンソロはレイアではなく、今度は自分の息子にあの名セリフを言ったのでした。

歴代のジェダイ

カイロレンが奈落の底に落とされ、ひとりになったレイにはもう立ち上げる力が残っていませんでした。そんなとき彼女に力を与えたのは、歴代のジェダイマスターたちの声です。

あのときレイに声をかけたのはオビワンケノービ、クワイ=ガン・ジン、ルーク・スカイウォーカー、メイス・ウィンドゥ、ヨーダ、アソーカ・タノ、ケイナン・ジャラス、エズラ・ブリッジャー、そしてアナキン・スカイウォーカーです。

あなたは何人の声を聞き取れましたか?

ちなみにレイはあの後、ライトセイバーを使ってパルパティーンのフォースライトニングを跳ね返しますが、あれはメイスウィンドゥがエピソード3/シスの復讐でパルパティーンにやったことと同じです。

カメオ出演

ジェダイマスターたちの声以外でも本作では多くの有名人がカメオ出演しています。歌手のエド・シーランはストームトルーパー役で登場していました。バブフリックの声を担当したのは、映画トレインスポッティングでお馴染みのシャーリー・ヘンダーソン。

レイの母親役を演じたのは、ドラマシリーズ、キリング・イヴでお馴染みのジョディ・カマー。

また、スターウォーズの音楽を担当している作曲家ジョン・ウィリアムズはドロイドショップのシーンで登場。

ブロードウェイ・ミュージカルのハミルトンの製作者として知られるリン=マニュエル・ミランダはレジスタンスの兵士として姿を現します。

イウォーク

レジスタンス軍がスターデストロイヤーの母艦を追撃した直後、衛星エンドアでは墜落するスターデストロイヤーを眺めるイウォークの姿がありました。

イウォークもまたスターウォーズシリーズでは癒し系の動物として多くのファンの心を掴んだキャラクターですね。

ちなみにイウォークがシリーズに登場するのはエピソード6/ジェダイの帰還以来のことです。

LGBTのキスシーン

レイがパルパティーンを倒し、レジスタンス軍が戦争に勝利した後、レンジスタン軍のメンバーたちはジャングルにある基地で喜びを分かち合います。そのとき一瞬だけ女性兵士同士がキスするシーンがあるのに気付いたでしょうか。

実はあのシーンはディズニー映画において史上初となる同性同士のキスシーンになっており、多様化する現代社会にアジャストしたシーンだったのです。

ちなみにアベンジャーズエンドゲームではジョー・ルッソ監督本人がカメオ出演した際に同性愛者を演じていましたが、晴れてスターウォーズの世界においてキスシーンが実現したのでした。

チューバッカのメダル

同じセレブレーションのシーンではチューバッカがマズカナタからメダルを受け取るシーンがありましたね。実はエピソード4/新たなる希望のラストシーンのセレモニーではルークとハンソロはメダルをもらったのに対し、チューバッカだけもらえなかったという場面があり、製作側のミスではないか、という指摘がファンから度々出ていました。

つまり今回チューバッカが晴れてメダルを受け取ったのは、ファンの批判に対する製作側のアンサーだったのです。42年の月日を経てチューバッカはようやく相棒のハンソロが受け取ったと同じメダルを手にしたのでした。

惑星タトゥイーン

惑星タトゥイーンについたレイは、ルークとレイアのライトセーバーを埋めるために適切な場所を探そうとします。そのときレイは鉄くずをソリのように使って坂を滑っていくシーンがありましたね。あれはエピソード7フォースの覚醒で惑星ジャクーでレイがやったことと全くでした。

一方でレイがライトセーバーを埋めるシーンは、エピソード2/クローンの攻撃でアナキンスカイウォーカーが母親のシミ・スカイウォーカーを埋葬シーンのオマージュとなっていました。

また、最後に登場する惑星タトゥイーンに住民がラクダに乗っているシーンは、エピソード3/シスの復讐のエンディングでオブワケノービがラクダに乗っていたシーンのオマージュでしたね。

そしてもちろん最後のツインサンセットは、かつてルークスカイウォーカーがその場所で見たツインサンセットのシーンを彷彿させるものがありました。

以上、スターウォーズエピソード9スカイウォーカーの夜明けのトリビアの数々でした。

>>スターウォーズ9でレイがベンにライトセーバーを瞬間移動できた理由

>>スターウォーズ9のラスボスはパルパティーンじゃなくXXだった

>>スターウォーズ9レイアは実はカイロレンの後に死んでいた!

>>パルパティーンが蘇ってもアナキンの犠牲は無駄じゃない理由

>>スターウォーズ9でレイは妊娠していた!ラストを解説

>>パルパティーンがスノークを作った本当の理由

>>スターウォーズ9のジェダイの声カメオ出演まとめ

>>スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明けの疑問点まとめ

>>スターウォーズ9スカイウォーカーの夜明けのウェイファインダー解説

>>スターウォーズの元ネタ!実は黒澤明のパクリ?

>>【スターウォーズ】レイのライトセーバーが黄色だったのはなぜ?

>>【ネタバレ】スターウォーズ9のトリビアを徹底解説&考察

>>ゾリ・ブリスのプロフィールと正体!レイやポーとの関係は?

>>スノークは死んでいない!指輪に隠された謎と彼の正体!

>>ダークサイドのレイの正体を徹底考察!パルパティーンとの関係は?

>>スカイウォーカーの夜明け予告動画第二弾考察まとめ

>>スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明けのラストで起こること!

>>スカイウォーカーの夜明けではタイムトラベルが登場する!