スターウォーズ9のジェダイの声カメオ出演まとめ

この記事は 約6 分で読めます。

スターウォーズエピソード9・スカイウォーカーの夜明けではクライマックスシーンにて歴代のジェダイたちが声のカメオ出演しています。

そこでこの記事では実際にあのシーンでどんなキャラクターがなにを行ったのかを詳しく紹介していきます。

なお、まだ本編を見ていない人はくれぐれもスルーしてください。

初回31日間無料体験あり

ディズニープラスで視聴する

スポンサーリンク

レイを後押ししたジェダイたち

クライマックスシーンで声の出演したジェダイの騎士たちを一覧で紹介します。

  • オビワンケノービ
  • アナキン・スカイウォーカー
  • アソーカタノ
  • ケイナン・ジャラス
  • ルミナーラ・アンドゥリ
  • クワイガンジン
  • アイラ・セキュラ
  • メイスウィンドゥ
  • アディ・ガリア
  • ヨーダ
  • ルーク・スカイウォーカー

カイロレンがパルパティーンの攻撃を受け、奈落の底へと突き落とされたとき、レイはたった一人で立ち上がらなければなりませんでした。しかし彼女にはそんな力は残っていません。

レイは宇宙の空間をぼっと眺めながら、ジェダイたちに対して「私と一緒にいて」と言います。あれは物語の冒頭でジェダイの訓練をしているときに彼女自身が岩と共に空中に浮かびながら言った言葉です。

あのときレイは瞑想する中でジェダイと交信しようとしていましたが、結局できませんでした。しかしぎりぎりまで追い込まれた今、やっとレイの言葉にジェダイたちが反応したのです。

そこでまずオビワンケノービがレイにこう言います。

「These are your final steps Rey. Rise and take them. これがお前の最後のステップだ。立ち上がってステップを踏むんだ。」

ちなみにフォースの覚醒でレイがビジョンを見るシーンではオビワンケノービが彼女に話しかけるシーンがありましたが、あのとき彼は「これがお前の最初のステップだ」と言っていました。

フォースの覚醒では最初のステップだったのが、スカイウォーカーの夜明けでは最後のステップになっているのがポイントです。

そしてアナキン・スカイウォーカー、アソーカタノ、ケイナン・ジャラスがそれぞれ「レイ」と彼女を呼びます。

アソーカタノやケイナンジャラスはアニメシリーズのキャラクターですが、今回実写シリーズに初登場したことで、もしかすると、今後アニメシリーズのキャラクターが次々と実写の世界にも登場する可能性を広げましたね。

続いてアナキン・スカイウォーカーが

「Bring back the balance Rey as I did.  私がやったようにフォースにバランスをもたらすんだ」

とレイに呼びかけます。

アナキン・スカイウォーカーは選ばしものとしてフォースにバランスをもたらす存在とされてきましたね。

エピソード6の最後でライトサイドに戻ったことからも一度はダークサイドに陥った、彼がやはりフォースにバランスをもたらす存在になりました。そんな彼が今度はその役をレイに託したのです。

続いてルミナーラ・アンドゥリが「The light. Find the light Rey. 光、光を探すのよ」というシーンがありました。ルミナーラ・アンドゥリもまたアニメシリーズ、クローンウォーズのキャラクターですね。

そしてヨーダが「Alone, never have you been. お前は決して一人だったわけじゃない」とレイを励まします。

ヨーダに続いたのはクワイガンジンです。

クワイガンジンは「Every jedi who ever lived, lives in you. 全てのジェダイがお前の中で生きている」と言いました。

すると、アナキンスカイウォーカーの声がまた聞こえます。

「The force surrounds you Rey. お前はフォースに囲まれているんだ」

次に聞こえるのはクローンウォーズのアイラ・セキュラ、エピソード1から3に登場したメイスウィンドゥ、アナキンスカイウォーカー、そして同じくクローンウォーズのアディ・ガリアです。

「Let it guide you. フォースに導かれるのよ」

「Feel the force flowing through you Rey.  フォースはお前の中を流れている」

「Let it lift you フォースに持ち上げてもらうんだ」

「Rise Rey! 立ち上がるのよ、レイ」

ここで再びクワイガンジンの声が響き渡ります。

「We stand bihind you Rey! 我々はお前の後ろに立っている」

そのあとに聞こえるのは旧三部作のアレック・ギネスによるオビワンケノービです。彼はレイの名前を呼びますが、あれはフォースの覚醒でもビジョンのシーンで使われた声と同じです。

続いてヨーダ、ケイナン・ジャラスの二人が再び登場し、それぞれ「Rise in the force Rey! フォースの中で立ち上がれ」、「In the heart of a jedi lies their strength! ジェダイのハートの中には彼らの力が宿っている」とささきました。

このときすでにレイは元気を取り戻し、立ち上がろうとしていましたね。そんな彼女の背中を押すようにユアン・マクレガーとクワイガンジンがそれぞれ「立ち上がれ」と叫びます。

そして最後に聞こえるのがルーク・スカイウォーカーの声でしたね。ルークは「Rey the force will be with you always! レイ、フォースはいつだってお前と共にいる」とささやきました。

それを聞いたレイは見事に立ち上がってパルパティーンと再び向かい合うというのがあのクライマックスシーンだったのです。

以上、スターウォーズエピソード9のクライマックスシーンについてでした。

>>スターウォーズ9でレイは妊娠していた!ラストを解説

>>パルパティーンがスノークを作った本当の理由

>>スターウォーズ9スカイウォーカーの夜明けのウェイファインダー解説

>>スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明けの疑問点まとめ

>>【スターウォーズ】レイのライトセーバーが黄色だったのはなぜ?

>>スターウォーズの元ネタ!実は黒澤明のパクリ?

>>【ネタバレ】スターウォーズ9のトリビアを徹底解説&考察

>>ゾリ・ブリスのプロフィールと正体!レイやポーとの関係は?

>>スノークは死んでいない!指輪に隠された謎と彼の正体!

>>ダークサイドのレイの正体を徹底考察!パルパティーンとの関係は?

>>スカイウォーカーの夜明け予告動画第二弾考察まとめ

>>スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明けのラストで起こること!

>>スカイウォーカーの夜明けではタイムトラベルが登場する!