パルパティーンが蘇ってもアナキンの犠牲は無駄じゃない理由

この記事は 約4 分で読めます。

スターウォーズ・エピソード9・スカイウォーカーの夜明けで、これまでのシリーズのプロットを大きく変更するに至ったのがパルパティーンが復活したことではないでしょうか。

パルパティーンが復活したことで、エピソード6のエンディングは帳消しになってしまったのではないか。アナキンスカイウォーカーの犠牲は無駄に終わったのではないか、といった意見も多く出ています。

しかし僕はアナキン・スカイウォーカーの死は決して無駄ではなかったと思っています。そこでこの記事では、アナキン・スカイウォーカーの死がどのようにスカイウォーカーの夜明けにつながっていったのかについて考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

アナキン・スカイウォーカーの死はフォースにバランスをもたらした

スターウォーズシリーズを通じてアナキン・スカイウォーカーがジェダイの予言にある、フォースにバランスをもたらす選ばれし者であることは度々伝えられてきました。

しかしながらアナキンは、ダークサイドに陥ってしまい、ダースベイダーとして数多くの悪事を働きます。全てはパルパティーンに洗脳されたからなのですが、彼自身が多くの人々を殺し、銀河系を恐怖に陥れたことには違いないでしょう。

ところがそんなダースベイダーも、目の前で息子のルークがパルパティーンに攻撃を受け、いまにち命を落とそうとする場面では息子を見捨てることはできませんでした。

そしてパルパティーンの体を持ち上げ、フォースライトニングを体に浴びながらも、パルパティーンを原子炉シャフトの奥底へと放り投げたのでした。

あの瞬間、ダースベイダーは、ライトサイドの心を取り戻し、罪の贖いを果たしたと言えるでしょう。あのシーンではアナキンがパルパティーンを殺したことが重要だったのはいうまでもないですが、それよりルークの命を救った、そしてそれによってアナキン本人が救われたことが一番大切だったと思います。

アナキン、ルーク、レイと受け継がれたもの

しかしながら一度死んだパルパティーンは蘇ります。銀河系に平和が訪れたのもつかの間、再びファーストオーダーという悪の組織が浮上し、レジスタンスとの間で戦争がはじまりました。

ファーストオーダーはジェダイの生き残りであるルークの居場所を突き止めようとしました。ルークの指導によって新しい世代のジェダイが生まれるのを恐れたからです。

結局はファーストオーダーが恐れていたとおりのことが起こりましたね。レイという正義感が強く、無限の才能を秘めた人物が現れ、ルークを通じてジェダイの教えを学んだことはエピソード8最後のジェダイで語られていた通りです。

ここで忘れてはいけないのが、もしルークが生きていなかったら、レイがジェダイの道に進んだのかということです。もっというと、もしアナキンがルークを救っていなかったら、銀河系はとっくに悪の手に染まっていたはずです。

アナキンがルークを救ったことで、ジェダイの教えも滅びずに済んだといえそうですね。

アナキンがやり残したことをベンソロがやり遂げた

レイのライバルとして立ちはだかったのはカイロレンことベンソロです。カイロレンは、エピソード7フォースの覚醒で、ダースベイダーのマスクに向かって、あなたがやり残したことを自分がやり遂げると約束しました。

あのときのカイロレンはもちろん銀河系を征服することについて話していたに違いないです。しかし奇しくもダースベイダーことアナキンスカイウォーカーが完全には果たせなかった、パルパティーンを倒すこと、そしてフォースにバランスを保つことを、カイロレンこと、ベンソロがスカイウォーカーの夜明けで果たすことになります。

なぜならベンソロがレイの命を蘇らせなければ、レイはパルパティーンに打ち勝つことができなかったからです。つまりベンソロは世代を超えてアナキンスカイウォーカーの使命を背負っていたと考えられそうですね。もしかしたらダークサイドにいたときは自分の大切な使命についてカイロレンは理解していなかったのかもしれません。

そしてベンソロがレイの命を救い、レイがフォースにバランスをもたらしたたことで、同時にアナキンスカイウォーカーの自己犠牲も報われたのではないでしょうか。

以上、アナキンスカイウォーカーの死は無駄ではなかったことについてでした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スカイウォーカーの夜明け スターウォーズ
映画の秘密ドットコム