【ネタバレ】スカイウォーカーの夜明けのあらすじを最後まで紹介

この記事は 約7 分で読めます。

多くの謎に包まれたスターウォーズエピソード9、スカイウォーカーの夜明けのストーリーが最近、リークされ、ファンの間で大きな話題となっています。

そこでこの記事では、リーク情報をもとにスターウォーズエピソード9のあらすじを一挙紹介します。

なお、もしこの情報が正しければネタバレになるので、もし内容を知りたくない人はくれぐれもスルーしてください。

スポンサーリンク

ルークとレイアのフラッシュバック

物語の冒頭では、若かりし頃のルークとレイアがジェダイの騎士としての訓練をしているシーンが流れます。そこではなんとレイアがライトセイバーを使うシーンまであるようです。

レイアはハンソロの子供であるベンソロを妊娠したため途中でジェダイの訓練を断念しますが、彼女もフォースの使い手であることから、実はかつてジェダイの道へと進もうとしたようです。

そのせいか予告動画で森の中でレイが訓練をしていたシーンでは、実はあの同じ場所にはレイアがおり、レイに指導をする場面があるのです。

ルーク・スカイウォーカーが最後のジェダイのラストで死んでしまった今、レイにジェダイの道の教えを伝えることができるのはレイアだけだからです。

ウェイファインダー

スカイウォーカーの夜明けにおいて、ストーリー上における重要なアイテムがウェイファインダーと呼ばれるナビゲーターのようなデバイスです。

カイロ・レンはこのウェイファインダーを見つけるために銀河系のあちこちを飛び回ります。そしてそれを見つけるためなら容赦なく、人々を殺していきます。やがてカイロ・レンはウェイファインダーを見つけますが、それはかつて祖父のアナキン・スカイウォーカーが使っていたものであることが分かります。

そしてカイロ・レンはウェイファインダーによって、アンノウン・リージョン、または未知領域と呼ばれる地帯に導かれるのでした。

パルティーンの野望

未知領域でカイロ・レンが遭遇したのはほかでもないダース・シディアスことパルパティーンです。パルパティーンは魂だけではなく、肉体のままちゃんと存在していました。

カイロ・レンはパルパティーンからある命令を受けます。命令とはレイを呼び寄せ、ダークサイドへと導くこと。そしてカイロ・レンとレイの二人で力を合わせて新しい帝国を築く計画を告げられるのです。

パルパティーンはこの計画を実現させるために密かに新しいスターデストロイヤーを完成させていました。それが予告動画に登場した無数の戦艦だったのです。それだけではありません。パルパティーンは、精鋭部隊シストルーパーたちもこの計画のために隠していました。

フィンとポーが向かった先

一方でレジスタンスのフィンとポー・ダメロンは、銀河系のどこかにある森で囲まれた惑星に向かいます。二人は、ファーストオーダーの情報提供者と接触し、カイロ・レンがすでにウェイファインダーを手に入れたことを教えてもらいます。

さっそくフィンとポー・ダメロンはこのことをレイア将軍に報告すると、レイア将軍は、レイ、チューバッカ、C3Oらをさばくの惑星パサーナへと送り出します。そしてレイア将軍はパサーナにいる、ある人物とコンタクトを取るのでした。

その人物とはランド・カルリジアンです。ランド・カルリジアンはレジスタンスのメンバーたちにシスの短剣がある場所へと導きます。その短剣にはC3POですら読解できないシスの特別な言語で何かが書いてあるのでした。

この文章を翻訳させるためにポー・ダメロンはC3POを雪で覆われた惑星キジミに連れて行き、そこで改良を加えます。予告動画でC3POの目が赤かったのはこのせいだと考えられそうですね。

レイとカイロ・レンの交信

その頃、レイとカイロ・レンは、最後のジェダイで二人がしたようにフォースを使ってコミュニケーションを取り始めます。

それによりカイロ・レンはレイと仲間の居場所を突き止め、レンの騎士団を引き連れて、レイたちがいる場所へとたどり着くのでした。

レジスタンスのメンバーはたちまち大勢の敵に囲まれます。命からがら逃亡を図ったため、ファルコン号をファーストオーダーに奪われてしまいます。

短剣に書かれてあったこと

C3POがシスの暗号を読み取ると、そこにはもう一つのウェイファインダーのことが書かれていることが分かりました。そしてそのウェイファインダーとはかつてパルパティーンが使っていたものであることも発覚します。

ちょうどその頃、再びカイロ・レンはレイとフォースを使って交信を始めます。カイロ・レンはレイにレジスタンスが短剣を手に入れたことを知っているといい、かつてその短剣が何に使われたか分かるか、とレイに話します。

カイロ・レンは、その短剣は、かつてレイの両親が殺されたときに使われた武器だといい、レイを驚かせるのでした。そしてレイの両親が何者でもなかった、という話は本当だと繰り返すのでした。、

これによってレイは怒り狂い、二人はフォースビジョンの中でライトセイバーを使って戦います。

ファルコン号の救出作戦

レイをはじめ、レジスタンスのメンバーは奪われたファルコン号を取り返そうと、ファーストオーダーの基地へと乗り込みますが、全員があえなく捕まってしまいます。

しかしそこで救いの手を差し伸べたのは、ファーストオーダーの司令官ハックスでした。実はフィンとポー・ダメロンが以前に接触したファーストオーダーの情報提供者とはハックスだったのです。

ハックスはカイロ・レンがレイと対決している隙を見て、ほかのレジスタンスのメンバーたちを逃げします。

一方でカイロ・レンは、レイの両親についてまた話し始めます。レイの両親は何者でもなかった。しかし彼女の祖父はほかでもないパルパティーンであることを明かします。

これを聞いたレイはショックを受けながらもカイロ・レンと決着を付けることなく、ほかのメンバーと合流し、ファルコン号で脱出するのでした。

エンドアの決戦

レイがファルコン号に乗って向かった先は衛星エンドア。そこには破壊された第二デス・スターの残骸がありました。

カイロ・レンもレイの後を追ってデス・スターのところにまで向かいます。そのシーンこそが予告動画で登場した二人の決闘シーンです。

激しい戦いの末、レイはカイロ・レンを倒し、怪我を負ったカイロ・レンをその場に残し、パルパティーンのウェイファインダーを拾ってエンドアを後にするのでした。

パルパティーンのウェイファインダーに触れた直後、レイはビジョンの中で自分がダークサイドに陥った姿を目にします。レイはあともう少しでカイロ・レンを殺すところでした。しかしルークがかつて、ダースベイダーにとどめをささなかったように、レイもとどめを刺すことをやめたのです。、

一方のカイロ・レンはデス・スターの残骸で倒れたまま、かつて自分の手で殺してしまった父親のビジョンを見ます。ハン・ソロはカイロ・レンに向かって、今でも決して遅くない。まだ変わることができる、と息子に言うのでした。そして彼は立ち上がり、カイロ・レンとしてではなく、ベンソロとしてエンドアを脱出するのです。

レイアの死と衝撃のラストシーン

レジスタンスのメンバーが基地に戻ると、レイア将軍がベッドに横たわっていました。彼女はまもなく自分の死を迎え入れようとしていました。ついに彼女の番が来たのです。そのときルークのフォースゴーストが現れ、レイアにお別れを告げます。しかしレイアにはまだやるべきことが一つだけ残されているルークはいうのです。

レイをはじめとするレジスタンスは、未知領域に侵入し、シスの戦艦と激しい空中戦になります。レイは呼び寄せられるようにパルパティーンのもとへとたどり着き、ついに自分の祖父と対面するのでした。

パルパティーンは、レイに対し、カイロ・レンが言ったことは本当だと言います。パルパティーンはダースベイダーを完全にダークサイドに導くことができず、アナキン・スカイウォーカーとルークの親子の絆の強さに驚かされたことを語ります。

そしてレイとの間には特別な家族の絆があるため、二人で力を合わせればスカイウォーカーファミリーにも決して負けない強力な存在になりうると誘惑するのでした。

レイがパルパティーンの言葉に惑わされている、そのときある人物が現れます。その人物とはベンソロです。二人はお互いのフォースの力を合わせてパルパティーンに立ち向かいます。

しかしパルパティーンの力には及ばず、ベンソロは制圧されてしまいます。レイ一人ではとてもパルパティーンはかないません。

希望を失ったそのとき二人の前に現れたのはルークとレイアのフォースゴーストでした。ルークとレイアはレイに絶大な力を与え、ついにパルパティーンを永遠に葬ることに成功したのでした。

パルパティーンを破ったレイは、惑星タトゥイーンに行き、かつてアナキン・スカイウォーカー、そしてルーク・スカイウォーカーが使ったライトセイバーとレイアのライトセイバーを一つにしてスカイウォーカーファミリーンの故郷であるその地に埋めるのでした。

そして空を見上げると、そこにはかつてスター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望で出て来たツインサンセットが浮かんでいたのでした。

以上、スタウォーズエピソード9、スカイウォーカの夜明けのストーリーでした。もちろん信じるか信じないかはあなた次第です。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スカイウォーカーの夜明けスターウォーズ
映画の秘密ドットコム