映画ジョーカーのあらすじと予告動画解説

この記事は 約4 分で読めます。

2019年10月4日に全米で公開されるDCコミックのヴィランを主人公にした映画「ジョーカー」。バットマンの強敵ジョーカーの知られざる素顔を描いた本作のあらすじを予告動画の内容とともに紹介します。

まずは予告動画をご覧ください。

JOKER – Teaser Trailer – Warner Bros. UK
スポンサーリンク

1、映画ジョーカーのあらすじ

舞台は1981年のゴッサム・シティ。そこにうだつの上がらないコメディアンがいた。彼の名はアーサー・フレック。

アーサー・フレックには人付き合いが苦手で、母親が心の寄りどころだった。彼は精神に病を抱え、セラピストのカウンセリングを受けてたりしていた。しかし誰と話しても心が癒されることはなかった。

アーサー・フレックの母親は彼にいつも笑顔でいるように言った。世界に喜びと笑いを届けることが彼の人生の目的だとも言った。

しかしアーサー・フレックがピエロの恰好をして街角に立てば、不良少年たちに邪魔をされた。

世の中があまりにも不条理なのは自分のせいなのか、あるいはゴッサム・シティが悪いのかは分からなかった。

アーサー・フレックは理性を失いかけていた。発狂するのも時間の問題だった。

ある日、アーサー・フレックは地下鉄の電車で男たちに絡まれ、暴力を振られた。そのとき彼は自分の内に秘めた悪の魂が膨れ上がるのを感じた。

それまで人生は悲劇だと思っていたが、バカバカしくなって全ては冗談だと思うようになった。

その瞬間アーサー・フレックはジョーカーとなり、理不尽な出来事に溢れるゴッサム・シティを変えようと犯罪の道へと進むのだった。

2、映画ジョーカーが影響を受けた映画作品

映画「ジョーカー」のゴッサムシティを見て、真っ先に思い出される作品。それはマーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」じゃないでしょうか。

ゴッサム・シティはもともとニューヨークやシカゴの街並みをモチーフにした架空の都市ですが、映画「タクシードライバー」も舞台はニューヨーク。そしてタクシードライバーが狂気に陥る様子を描いたダークな物語で、本作と共通点が少なくないです。

ちなみに映画「タクシードライバー」の監督マーティン・スコセッシは、本作のエグゼクティブプロデューサーを務めています。

ほかにもマーティン・スコセッシ監督の「レイジング・ブル」や「キング・オブ・コメディ」からも影響を受けています。

また、本作には「タクシードライバー」、「レイジング・ブル」、「キング・オブ・コメディ」で主演を務めたロバート・デ・ニーロもコメディーショーのホスト役で登場します。

3、チャーリー・チャップリン

予告動画の悲劇的なBGMとして使われている曲は、チャーリー・チャップリンの「スマイル」です。実はこの曲、映画「モダン・タイムス」で起用されたテーマソング。

労働者の個人の尊厳が失われ、機械の一部分のようになっている世の中を笑いで表現した喜劇ですが、ゴッサムシティで不当な扱いを受けるジョーカーの状況ともマッチしています。

予告動画では劇場で「モダン・タイムス」が上映されているシーンまであり、チャーリー・チャップリンからも多大な影響を受けていることが分かります。

4、トーマス・ウェインが登場する

映画「ジョーカー」ではバットマンことブルース・ウェインの父親トーマス・ウェインがスクリーンに登場します。

コミックでは医師という役柄でしたが、映画の中では政治家風の井出たちで演説しているシーンが予告動画に収録されています。

時代背景が1980年代前半であることから物語はまだバットマンが存在する前のゴッサムシティであることが分かります。

コミックでは強盗によって命を奪われるトーマス・ウェインですが、もしかすると本作ではジョーカー、あるいは彼の仲間に襲われ、それをきっかけに息子のブルース・ウェインが復讐を誓う、という流れになる可能性があります。

5、ブルース・ウェインも登場か

トーマス・ウェインの登場が確認されたことで、可能性がますます高くなったのは息子ブルース・ウェインとジョーカーの絡みです。

実は予告動画に登場し、ジョーカーに無理やり笑顔を作らせられている少年こそがブルース・ウェインなのではないかといった説が流れています。

この少年こそが未来のバットマンなのか。真相は本編で明らかになります。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ジョーカー
映画の秘密ドットコム