2017/01/10

ローグ・ワンのタイトルの意味とそこに隠された秘密

Star-Wars-Rogue-One

スターウォーズのスピンオフシリーズとして世界中から注目集めている映画「ローグ・ワン」。ふと疑問に思うこと、それは「ローグ・ワン」って一体どんな意味があるのかということじゃないでしょうか。それをここで解説いたします。



スポンサーリンク


「ローグ・ワン」では銀河帝国軍VS反乱同盟軍の戦いに焦点が置かれ、これまでとは違う全く新しいスターウォーズの世界が見られるとしてファンの期待は高まるばかりです。

これまでのスターウォーズ同様「ローグ・ワン」も細かいストーリー設計や人物背景が用意されているのは言うまでもありません。タイトルの「ローグ・ワン」の一つを取ってもその意味の深さに驚かされるはずです。

ローグ・ワンの意味とは?

ローグ・ワン(Rogue One)の意味を知るにはまず「rogue」という単語の意味を知る必要があります。

【rogue】

  • 人をだます
  • 人をペテンに掛ける
  • いたずらっ子、ならず者、ごろつき、悪党、不良、詐欺師
  • はぐれ者、群れからはぐれた動物
  • 孤立して自分勝手に行動する

ローグは飛行部隊の名前(コールサイン)

本来「ローグ rogue」は以上のことを意味しますが、そのほかにも様々な使われ方があります。スターウォーズの世界においては「スター・ウォーズ_エピソード4/新たなる希望」で登場したレッド中隊が後にローグ中隊と呼ばれるようになり、「スター・ウォーズ_エピソード5/帝国の逆襲」でもローグ・スコードロン、あるいはローグ中隊として登場しています。

220px-X-wing

いまいちピンとこない人は、戦闘機Xウイングに乗ってルーク・スカイウォーカーを始めとしたパイロットが出動した飛行部隊のことを思い浮かべたら早いです。あの部隊こそがローグ中隊なのです。また、「ローグ・ワン」とは部隊のパイロットたちのことを指すとも考えられます。

ローグはヒロインの性格

さらに「ローグ・ワン」の主役を思い浮かべてください。本シリーズのヒロインといえばジン・アーソ。彼女は15歳のときから盗みや暴行を繰り返してきた、やんちゃな女性で反乱同盟軍でさえ、彼女を戦士として起用することをためらうほどのアウトローです。

ここで再び「ローグ」の英語の意味を見直してみてください。人をペテンに掛ける、ならず者、はぐれ者、その全てが主人公ジン・アーソにぴったりなのです。

ローグは作品そのもの

本シリーズはスターウォーズシリーズとは全く別の道を行くスピンオフ企画です。これまでのスターウォーズといえばスカイウォーカーの歴史をたどりながらジェダイの騎士とダークフォースの戦いを一環して描いてきましたが、今回は全く違うものになります。

つまり従来の路線から外れたストーリーといえます。そう、ここでも「はぐれ者」や「群れからはぐれた」といった「ローグ」の意味と合致しているのです。「ローグ・ワン Rogue One」はすなわちこれまでのスターウォーズストーリーとは違った「道から外れた作品」を意味しているのです。

>>ローグ・ワンがつまらない(面白くない)と思わせる5つの理由

>>ローグ・ワンのグッズが超絶格好いい!おすすめはK-2SO

>>ローグ・ワンのレイア姫とターキン登場シーンの撮影舞台裏を公開!

>>レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーの英語の名言名セリフ

>>ローグ・ワンの吹き替え声優キャスト一覧

>>ローグ・ワンに隠されたトリビア&秘密まとめ

>>ローグ・ワンに出演したレイア姫の女優って誰?

>>スターウォーズ、レイの母親は誰?答えはローグ・ワンに隠されていた

>>ローグ・ワンの出演俳優キャスト一覧

>>ローグ・ワンにダース・ベイダーが出演するって知ってた?

>>ローグ・ワンの英語の名言名セリフまとめ