ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのあらすじを結末まで紹介

この記事は 約8 分で読めます。

ファン待望のスターウォーズスピンオフ映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」。長い間ストーリーが謎に包まれていた本作のあらすじを結末まで紹介します。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きーコレリアからの脱出

宇宙船の製造所として知られる惑星コレリアで若きハンは恋人キーラと共に日々犯罪者たちから追われていた。

約束の期限にまで借りを貸せなかったハンはやがて身柄を拘束され、大勢の前に突き出されてしまう。

なんとか言い訳をして逃れようとしたハンだったが、処刑される恐れがあると見るや、すかさずキーラを連れてその場から逃亡する。

二人は追っ手から逃れるために惑星コレリアから脱出しようと宇宙船のエアポートに駆け込む。

しかしそこでは帝国軍の兵士が厳しく出国を取り締まっていた。チケットのないハンとキーラは帝国軍の係員に賄賂を渡し、ゲートを通らせてもらうように交渉する。

しぶしぶ賄賂を受け取った係員だったが、ハンがゲートをくぐろうとしたところで後ろにいたキーラだけが追っ手に捕まってしまう。

ハンはいつかかならずキーラを救い出すために惑星コレリアに戻ってくることを誓うが、二人はそれを機に離れ離れになってしまう。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きー帝国軍への入隊

なんとかゲートをくぐることに成功したハンだったが彼には行くあてなどなかった。ハンが不法にゲートをくぐったことからエアポートは大騒ぎになっていた。

周りを見ると、常客たちが次々と厳しいチェックを受けている。身の危険を感じたハンは、逃げ込むように帝国軍の軍人を募集していたリクルーターの元へと向かった。

ハンは空軍のパイロットになりたいと志願し、入隊を許可される。そのとき彼に付いた苗字はソロだった。身寄りのない孤独(ソロ)な彼にはぴったりな苗字だ。

三年後、ハン・ソロは帝国軍の一員として惑星ミンバンの戦場にいた。その前にハン・ソロは空軍学校を不服従が原因で除隊していた。

パイロットになる夢は諦めていなかったが、戦場でハン・ソロは歩兵の一人でしかなかった。

そんな中、戦場で命知らずの軍人トバイアス・ベケットと出会う。彼は他の兵士とはどこか違う雰囲気を持っていた。

ハン・ソロはトバイアス・ベケットとパートナーのヴァルがある計画を企んでいることを知る。

ハン・ソロは自分のその計画に参加したいと志願するが、トバイアス・ベケットとヴァルは彼を信用せず、それどころがハン・ソロを逮捕し、ビーストの檻の中へと入れるように命じるのだった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きーチューバッカとの出会い

鎖で繋がれたハン・ソロを待っていたのは毛むくじゃらのビースト、チューバッカだった。

チューバッカは人間を嫌い、ハン・ソロに向かって突進した。しばらく格闘した二人だったが、ハン・ソロがチューバッカの言葉を話すと、チューバッカが妙な親近感を抱くようになる。

自分に心許したところを見たハン・ソロはチューバッカに耳打ちし、柱を壊して檻から脱出しようと提案する。

鎖で繋がれた二人は、檻からでも同じ方向に行くしかなかった。チューバッカは逃げようとしたが、ハン・ソロはトバイアス・ベケットと付いていくのが最善だと言い張った。

トバイアス・ベケットたちを乗せた飛行船は惑星ミンバンから飛び立とうとしていた。しかし檻から脱出したタフなハン・ソロを見て、トバイアス・ベケットは彼を仲間に入れることを決める。

こうしてハン・ソロとチューバッカは賞金稼ぎのためにトバイアス・ベケットが企むミッションに参加することになった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きーコアクシアム強奪作戦

トバイアス・ベケットは列車の積荷から絶大なパワーを持つ燃料コアクシアムを盗むことを企んでいた。

雪山の中を通る列車を待ち伏せして襲いかかったトバイアス・ベケット率いるメンバーだったがクラウド・ライダーズと呼ばれるギャングに奇襲攻撃を受けてしまう。

戦いの末、ヴァルが自爆をして線路を破壊したが、惜しくもコアクシアムを奪うことはできなかった。

ヴァルを失ったトバイアス・ベケットはコアクシアムを奪おうとしたのは犯罪シンジケートのリーダー、ドライデン・ヴォスの命令であることを明かす。

ドライデン・ヴォスの命令は絶対で逆らえば命はない。それを聞いたハン・ソロはトバイアス・ベケットに他の場所からコアクシアムを盗めばいいと代替案を出す。

とりあえず事情を話すためにハン・ソロ、チューバッカ、トバイアス・ベケットの三人はドライデン・ヴォスに会いに行くことにする。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きーキーラとの再会

ドライデン・ヴォスはヴォスヨットと呼ばれるひし形の飛行船を基地にしていた。ヴォスヨットでハン・ソロは偶然にも生き別れたキーラと再会する。

キーラはどこか余所余所しく、しかしハン・ソロに会えて嬉しそうでもある。まもなくハン・ソロはキーラがドライデン・ヴォスのパートナーであることを知る。

ハン・ソロがドライデン・ヴォスに惑星ケセルに行けば大量のコアクシアムが手に入ると告げると、ドライデン・ヴォスはキーラを同行させることを命じる。

こうしてハン・ソロはチューバッカ、トバイアス・ベケット、そしてキーラと共に惑星ケセルに向かうのだった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きーファルコン号との出会い

惑星ケセルに行くにはハイスピードの宇宙船が必要だった。そこでキーラはパイロットでギャンブラーのランド・カルリジアンをハン・ソロたちに紹介した。

ハン・ソロはランド・カルリジアンがギャンブラーであることを知ると、さっそくテーブルに座りに勝負を挑む。

運も味方にしたハン・ソロは最初こそ連続で勝ち続けたものの最後のゲームでランド・カルリジアンに破れ、全財産を失ってしまう。

ギャンブルに勝ったランド・カルリジアンはハン・ソロたちのミッションに自分も参加する代わりに賞金の一部をもらう条件を叩き付けた。

ランド・カルリジアンはミッションを遂行するための宇宙船も持っていた。その宇宙船とは他でもない銀河系一速いといわれるミレニアム・ファルコン号だ。

さっそくファルコン号に乗り込んだメンバーは惑星ケセルへと旅立つ。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きー惑星ケセルの戦い

ハン・ソロたちは惑星ケセルに到着すると、ハン・ソロとチューバッカを捕虜に見立てて、惑星ケセルの門番たちを騙すことにした。

上手く内部まで潜入することに成功したハン・ソロとチューバッカはさっそく兵隊を制圧。ランド・カルリジアンのパートナーであるL3-37が奴隷たちを一斉に解放すると、暴動が勃発した。

混乱の中、ハン・ソロはコアクシアムを探し当て脱出を試みる。しかし脱出中、ランド・カルリジアンとL3-37が怪我を負い、L3-37は完全に破壊されてしまう。

ファルコン号を操縦する者がいなくなった今、それを扱えるのはハン・ソロだけだった。

ハン・ソロはチューバッカを副操縦士とし、次々と迫り来る危険の中、狂気ともいえる操縦で間一髪のところで命拾いする。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きーエンフィス・ネストの正体

ハン・ソロたちを乗せたファルコン号は崖に降り立った。後はヴォスヨットが現れるのを待つばかりだ。

しかしそこに現れたのはハン・ソロたちの存在を聞きつけた、エンフィス・ネスト率いるクラウド・ライダーズたちだった。

数的不利に立たされたハン・ソロは、ファルコン号の中に兵士がたくさんいると脅しをかけるものの、その瞬間ファルコン号は目の前を飛び立っていってしまった。

エンフィス・ネストは一歩、また一歩とハン・ソロたちのもとへと近づいていった。そして目の前に来ると自ら仮面を取った。クラウド・ライダーズのリーダー、エンフィス・ネストはなんと女だったのだ。

エンフィス・ネストはハン・ソロたちに協力を呼びかけた。銀河系には苦しんでいる者が大勢いた。彼らが今必要としているのは同盟軍を結成することだった。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの筋書きードライデン・ヴォスとの決闘

ハン・ソロ、チューバッカ、キーラの三人はコアクシアムを持ってドライデン・ヴォスのもとを訪れた。トバイアス・ベケットはその前に別れを告げて我が道を行くことを告げて去って行った。

ハン・ソロはみすみすコアクシアムを渡す気はなかった。彼にはとっておきの作戦があった。

しかしコアクシアムをドライデン・ヴォスに渡すと、ドライデン・ヴォスはすぐに偽物であることを突き止める。

そこにトバイアス・ベケットが現れ、ドライデン・ヴォスに作戦を漏らしたことを白状する。

ドライデン・ヴォスはクラウド・ライダーズがコアクシアムを持っていると考え、兵隊を送っていた。

ところがクラウド・ライダーズのところにコアクシアムはなかった。ハン・ソロが持っていたコアクシアムが本物だったのだ。

本物だと知ったトバイアス・ベケットはチューバッカを捕虜にして、コアクシアムを独り占めにしようと逃亡を図る。

ヴォスヨットに残されたハン・ソロとキーラはドライデン・ヴォスと決闘になった。キーラはソードを奪ってハン・ソロを攻撃しようと見せかけ、油断したドライデン・ヴォスを切りつけた。

ドライデン・ヴォスが倒れ、やっと二人のもとに平和が訪れた。キーラはチューバッカを救い出してくるようにハン・ソロを外に行かせた。

ハン・ソロがいなくなったのを見ると、キーラはホログラムで何らや黒幕と話し始めた。その黒幕とはダース・モールだ。

一方、ハン・ソロはトバイアス・ベケットとレーザー銃を片手に向かい合っていた。トバイアス・ベケットが卑怯な手を使うことを知っていたハン・ソロは彼の心臓めがけて容赦なく発砲した。

トバイアス・ベケットはその場に倒れ、命を落とした。そのときちょうどハン・ソロとチューバッカの頭上をキーラを乗せたヴォスヨットが飛び去って行った。

>>スターウォーズシリーズはU-NEXTで視聴できます

関連記事

>>ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの吹き替え声優キャストまとめ

>>ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリーの出演キャスト一覧

>>若き日のハン・ソロ役アルデン・エーレンライクって誰?【スターウォーズ】

>>【ネタバレ】ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのトリビアまとめ

>>【ネタバレ】ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーのラストシーンの意味

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スターウォーズハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー
映画の秘密ドットコム