ブラックパンサーのあらすじを結末まで徹底紹介

この記事は 約7 分で読めます。

マーベルによるヒーローアクション劇「ブラックパンサー」。世界中で快進撃を見せているこの映画のストーリーを詳しく紹介します。

プロローグ

数世紀前、アフリカには5つの部族が存在し、絶大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」をめぐって争っていました。

そんな中、一人の戦死がハート形のハーブを食べたことにより、スーパーパワーを手にします。それが歴史上初のブラックパンサーの誕生です。

ブラックパンサーは部族をまとめ、ワカンダの王国を結成します。しかしジャバリ族だけは参加することを拒否しました。

それから時が経ち、ワカンダはヴィブラニウムを用いて独自のテクノロジーを発展させることに成功し、貧しい国を装って国際社会とは孤立する姿勢を保ちます。そうすることでワカンダを守ろうとしたのです。

1992年のオークランド

時は1992年、場所はカリフォルニア州オークランド。ある日、黒人の若者二人が武器の密売を計画していました。一人はワカンダからスパイとして送られてきたヌジョブ。もう一人はズリです。

そこに現れたのはワカンダの国王ティ・チャカ。国王は弟であるヌジョブに対し、ワカンダからヴィブラニウムを盗み、武器のディーラーである悪党ユリシーズ・クロウに協力していることを責め立てます。

ヌジョブは白を切ろうとしますが、ズリはヌジョブの行動を逐一国に報告していたのでした。ティ・チャカはヌジョブをワカンダに連行し、彼が犯した罪を償うように言い渡します。

現在

ワカンダの国王ティ・チャカは国連でテロリストの攻撃を受け、命を落としたばかり。そのニュースを受け、息子のティ・チャラはワカンダに帰国し、王座を継承することになりました。

ティ・チャラは王座の即位式にかつての恋人ナキアを出席させるため、ブラックパンサーのスーツを着て、彼女をテロリストの極秘ミッションから連れ出そうとします。

久しぶりにナキアと対面したティ・チャラはあまりの美しさに身体を凍りつかせます。ティ・チャラとナキアは無事ワカンダに戻り、ティ・チャラは母親ラモンダと妹シュリと再会します。あとは翌日の即位式を待つだけです。

ところが即位式の当日、ジャバリ部族のリーダーであるエムバクが現れ、ティ・チャラの即位に意義を申し立て、1対1の決闘を申し込みます。

ティ・チャラとエムバクは崖で命がけの戦いを繰り広げ、ティ・チャラがエムバクを抑え付けます。エムバクを殺したくなかったティ・チャラは降参することをすすめると、エムバクはあえなく降参。これによってティ・チャラが正式に王様になることが決まりました。

ロンドン

ちょうどその頃、ロンドンの博物館でエリック・キルモンガーとユリシーズ・クロウはワカンダの手芸品を強奪しようとしていました。

エリック・キルモンガーは博物館の従業員を呼び出し、興味津々に話に耳を傾けたかと思うと、従業員を攻撃。発作を起こしたように見せかけて博物館の警備員を全員その場に集めます。

そこに救急隊に扮したユリシーズ・クロウが現れ、警備員たちをまとめて暗殺。ワカンダの斧やマスクを奪って逃走します。彼らの目的はそれらを韓国の闇カジノで売ることでした。

韓国

ワカンダの手芸品が宿敵ユリシーズ・クロウから盗まれたことを知ったティ・チャラはユリシーズ・クロウがヴィブラニウムをアメリカ人に韓国で売られようとしている計画を掴みます。

ティ・チャラはこれを阻止するため、ユリシーズ・クロウを捕まえるためにナキアとオコエを引き連れ、韓国に向かいます。

ところがユリシーズ・クロウが密売を持ちかけた相手は身分を隠したアメリカのCIA捜査官エヴェレット・ロスでした。

カジノに着くと、ティ・チャラはユリシーズ・クロウの一味と撃ち合いになり、カーチェイスの末、ユリシーズ・クロウを捕獲することに成功します。

ところがCIA捜査官エヴェレット・ロスがユリシーズ・クロウを尋問している最中、エリック・キルモンガーと現れ、ユリシーズ・クロウを救出。ティ・チャラは惜しくもユリシーズ・クロウを逃がしてしまいます。

エヴェレット・ロスはエリック・キルモンガーに襲撃された際、ナキアを身をていして守ったことで致命傷を負います。

これを見たティ・チャラはその場に放置したらエヴェレット・ロスの命が危ないと判断し、仕方なく彼をワカンダまで連れて行くことに。

一方でエリック・キルモンガーとユリシーズ・クロウは逃走中、仲間割れを始め、エリック・キルモンガーがユリシーズ・クロウを殺害します。

ワカンダ

ワカンダに戻ったティ・チャラはズリに1992年のオークランドで一体何が起こったのかを問いただします。ズリはアメリカでヌジョブがワカンダのテクノロジーをアフリカ系移民と共有し、制圧者と戦おうとしていたことを明かします。

しかしワカンダの秘密のテクノロジーを外に漏らしたヌジョブに激怒した当時の国王ティ・チャカは、ヌジョブをその場で処刑してしまったのです。

ヌジョブには一人息子エリックがいました。そう、そのエリックがエリック・キルモンガーだったのです。そのときエリック・キルモンガーがユリシーズ・クロウの死体を持ってワカンダに到着します。

エリック・キルモンガーはワカンダの王族の前で、自分の身分を明かし、王者に挑戦状を叩きつけます。ティ・チャカはこれを受け入れ、二人は崖で決闘することになりました。

決闘が始まろうとしていた時、エリック・キルモンガーは自分の父親を裏切ったズリを観衆の前で殺害します。さらにティ・チャカとの戦いも勝利し、ティ・チャカを崖から突き落としてしまうのでした。

王座を奪ったエリック・キルモンガーはハート型のハーブを燃やすことを命じます。ナキアは燃やされる前にハーブを一つだけ摘んでおきました。

エリック・キルモンガーがワカンダの武器を世界中に運び出すことを計画している中、ナキア、シュリ、ラモンダはジャバリ族に助けを求めに行きました。

ジャバリ族のリーダーはエムバクはティ・チャカとの決闘のときに命を助けてもらった借りがあります。まもなくしてエムバクはナキアたちに崖から救出したティ・チャカをかくまっていることを明かします。

ナキアは摘んでおいたハート型のハーブでティ・チャカの怪我を治すことに成功します。回復したティ・チャカはエムバクに王座を取り返すために軍隊を要請しますが、エムバクはこれを拒否。

仕方なくティ・チャカは自ら王座を奪還すべくエリック・キルモンガーに戦いを挑みます。エリック・キルモンガーはワカンダの軍隊を率いてティ・チャカを攻撃しようとするものの、軍隊はティ・チャカを指示する者とエリック・キルモンガーを指示する者で二つに分れ、内戦が勃発します。

一時は劣勢になったティ・チャカ勢力でしたが、エムバクがジャバリ族の戦士たちを引き連れてきたおかげで、戦況を覆し、エリック・キルモンガーとの戦いにも勝利します。

傷を負ったエリック・キルモンガーを治療することもできましたが、エリック・キルモンガーはワカンダの夕日を見つめ、自由の身のまま死ぬことを選択しました。

これによって再びワカンダに平和が訪れたのです。

エピローグ

ティ・チャカは妹のシュリを連れてアメリカのオークランドを訪問します。そこはかつてヌジョブとズリが潜伏していた場所。

ティ・チャカはその場所にワカンダの公共機関を設立する考えをシュリに伝えます。そしてティ・チャカはこれまでのように孤立するのではなく、ワカンダを国際社会に開放することを決意します。

まもなくしてティ・チャカは国連の会議に出席。国際社会の前でワカンダの真実を明かし、テクノロジーや資源を共有することを約束したのでした。

>>ブラック・パンサーはU-NEXTで視聴できます

関連記事

>>ブラックパンサーの吹き替え声優キャストまとめ

>>ブラックパンサーの海外の評価と感想まとめ

>>ブラックパンサーのラスト/エンドロールシーンの意味

>>ブラックパンサーのトリビアまとめ【ネタバレ】

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブラックパンサーマーベル
映画の秘密ドットコム