スターウォーズ9にエズラ・ブリッジャーが出演するところだった!

この記事は 約3 分で読めます。

スターウォーズ・エピソード9スカイウォーカーの夜明けでは、多くのジェダイが声のカメオ出演を果たしました。その中には実写版のシリーズのキャラクターだけでなく、アソーカ・タノ、ケイナン・ジャラス、アイラ・セキュラ、アディ・ガリアなど多くのアニメシリーズのキャラクターまで登場しましたね。

しかしながらなぜかスター・ウォーズ反乱者たちの主人公エズラ・ブリッジャーは出てきませんでした。実はこれには大きな理由があったのです。

というのもエズラ・ブリッジャーは、もともとスカイウォーカーの夜明けで声だけではなく、実写として登場する予定だったからです。

別の記事でもすでに話した通り、スターウォーズエピソード9では製作段階の終盤で多くの変更点があったと言われています。ギリギリになって再撮影が行われ、大幅に内容が変更されたのも有名な話で、もともとは3時間を超える長尺映画だったのが2時間20分ほどに短縮されています。

また、歴代のジェダイのシーンは、声の出演だけでなく、実際に俳優たちを使って出演させる予定だったというのももっぱらの噂です。

そしてそんな中で惜しくもエズラ・ブリッジャーの登場シーンまで削除されてしまった、という衝撃のリーク情報が最近になって出回っているのです。

エズラ・ブリッジャーといえば、スター・ウォーズ反乱者たちに登場する少年で、コソ泥をしながら一人で暮らしていたとき、ジェダイの生き残りであるケイナン・ジャラスたちと出会い、帝国軍ち立ち向かっていく勇敢なキャラクターです。

そんなエズラ・ブリッジャーが年を取り、中年男性になった姿で、スカイウォーカーの夜明けに登場するシーンが実はあったそうなのです。

彼の登場シーンとは惑星エクセゴルのファイナルバトルの一コマで、すっかり成熟した男性になった彼は長髪姿でブラスターを使いながら、レジスタンスのメンバーを助ける場面があったようです。

というのも今後スターウォーズユニバースをさらに拡大していくために、JJエイブラムス監督と脚本家のクリステリオは、エズラ・ブリッジャーが生存していることをここでアピールしておこうと思ったからです。

それを裏付ける理由の一つが、エズラ・ブリッジャーがスター・ウォーズ反乱者たちで愛用していた宇宙船、ゴーストが本編に登場する、ということです。

ゴーストの登場シーンは、ファイナルバトルの一コマ。数的不利に立たされたレジスタンス軍は、ファイナルオーダーの軍隊の前になすすべもないかと思われましたが、そんなときに現れたのがランド・カルリジアン率いる銀河系のあちこちからやってきた応援軍でした。その中にはっきりとゴーストの姿まで映っていましたね。

あのときゴーストが映っていたのはただのカメオではなく、エズラ・ブリッジャーの登場シーの伏線になる予定だったのです。

また、終盤のジェダイの騎士たちの声が聞こえるシーンでもエズラ・ブリッジャーの声がしなかったのは、彼がまだ生きているからというのと、別のシーンで登場する予定があったからだと考えると、辻褄が合いますね。

もしこのリーク情報が正しければ、エズラ・ブリッジャーはまだ生きていることになり、今後別のスピンオフ作品、またはシリーズで登場する可能性は十分にありそうです。

いずれにしてももしエズラ・ブリッジャーのシーンが削除されていたとしたら、とても残念ですね。以上、エズラ・ブリッジャーの幻の登場シーンについてでした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スカイウォーカーの夜明け スターウォーズ
映画の秘密ドットコム