ディズニープラスのおすすめ映画&ドラマトップ5

この記事は 約5 分で読めます。

6月11日に日本に上陸したディズニーによる動画配信サービスといえばディズニープラスです。まだサービスが始まったばかりで、どんな作品があるのか分からない人も多いはず。

そこでこの動画ではすでに実際にディズニープラスで多くの作品を鑑賞した僕が、ディズニープラスでしか視聴できない、おすすめのオリジナル作品ベスト5を紹介します。

初回31日間無料体験あり

ディズニープラスで視聴する

スポンサーリンク

5位 スターガール

ジェリー・スピネーリの同名小説をもとにした、高校生の初恋を描いた恋愛ドラマがこのスターガール。

主人公のレオは父親を亡くし、母親の仕事の都合で、アリゾナ州の田舎町に引っ越してきます。そこでレオは最初こそいじめに遭ったりと苦労しますが、なんとか友達もできて充実した学校生活を送るようになります。

そんな彼の前の現れたのがスターガールと名乗る不思議な少女です。スターガールにも父親がおらず、母親と二人で旅をしながら暮らしてきたせいでいつもホームスクールで勉強し、学校にも通ったことがありませんでした。

そのため人付き合いが苦手なのか、彼女は一人でいることが多く、ウクレレを片手に突然レオの前で歌いだしたことがきっかけで二人は仲良くなります。

スターガールが転向してからというものさえなかった田舎の高校生活で、魔法のような出来事が次々と起こるようになり、レオはたちまちスターガールに夢中になっていく、というのがあらすじです。

本作の主演はアメリカのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で大ブレイクした歌手のグレース・ヴァンダーウォール。

グレースはこの映画のためにオリジナルソングも手掛けており、彼女のファンには必見の映画となっています。

4位 ボーピープはどこに?

トイストーリー4でシリーズが完結したと思われていた話に、実はスピンオフ作品があったのをご存じでしょうか。

バズライトイヤーたちと遊園地で別れたウッディは実はボーピープとしばらくあの場所に残りました。そしてボーピープはトイ・ストーリー2 で姿を消してから、今まで一体彼女にどんなことが起こったのかをウッディに語って聞かせます。

その回想シーンを中心にした作品がこのボーピープはどこに?なのです。

わずか7分のショートストーリーですが、その中にたくさんのピクサー作品のトリビアが隠されており、トリビアを探すために見ても十分に楽しめるはずです。

3位 マンダロリアン

ディズニープラスにおける一番最初のヒット作がこのマンダロリアンでしょう。スターウォーズシリーズのエピソード6のその後を描いたスピンオフドラマシリーズで、マンダロリアンの戦士がひょんなことから、ベビーヨーダーことザ・チャイルドと出会い、賞金稼ぎとしての仕事をこなしながら一緒に旅をする様子を描いたSF西部劇です。

すでにシーズン2の公開が決まっており、シーズン3も製作されると言われており、同シリーズを通じて今後さらにスターウォーズユニバースが広がりを見せることが予想されます。スターウォーズファンなら決して見逃してはならない必見のシリーズといえるでしょう。

2位 クローンウォーズ シーズン7

スターウォーズの大人気CGアニメーションシリーズといえばクローンウォーズです。その最終章となるシーズン7もディズニープラスで視聴することができます。

シーズン7ではアナキン・スカイウォーカーとアソーカ・タノのエピソードがそれぞれの視点で語られ、最後はオーダー66の裏側で起こった出来事をアソーカタノの目線で描いていきます。

ダースモールやダースベイダーなど、お馴染みの敵キャラが登場するなど、見所も多く、最終エピソードはスターウォーズ史上に残る、素晴らしい出来になっています。

特にアソーカタノが好きな人は彼女が置かれた複雑な心境についつい感情移入してしまうのではないでしょうか。

1位 トーゴー

ディズニー+のオリジナル作品の中でも最もおすすめしたい映画がこのトーゴーです。トーゴーとはアラスカに実在したシベリアンハスキーの名前で、日露戦争などで活躍した日本の軍人、東郷平八郎が由来となっています。

物語の舞台は1925年。その頃アラスカの小さな町ノームで伝染病のジフテリアが流行していました。そのせいで多くの子供たちが命の危険にさらされていました。

当時なんとかジフテリアに対する血清が開発されていたものの、それをアラスカの離れた町に届けるのは至難の業でした。ちょうどそのとき州全体はストームに襲われており、飛行機で輸送するのは不可能でした。

そこでノームに住む、犬ぞりのレーサー、レナード・セパラが愛犬のトーゴーをはじめとする犬たちを連れて、そりに乗って何百マイルも先にある町まで血清を取りに行き、またノームに戻ってくる、という命がけのレースをすることになったのです。

そのときのトーゴーの年齢はなんと12歳。老犬と言ってもいい年齢で、過酷な吹雪の中を果たして無事行って帰って来れるのか、というのがこの作品の見所となっています。

実話ベースの物語ということもあり、話に釘付けにされるのはもちろんのこと、人間と犬の深い絆を感じられるエピソードの数々には感動すること間違いなしです。

もしディズニープラスに入会したら、必ずこの映画は見てください。以上、ディズニープラスのオリジナル作品ベスト5でした。