2017/04/19

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の海外の評価と感想

fantastic-beasts-and-where-to-find-them-3

ついにスタートした、ハリー・ポッター新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。大人の魔法使いたちが活躍する全く新しいこの世界に海外の視聴者は一体どんな反応を示したのでしょうか。海外視聴者の生の声をお届けします。

beast

アメリカの大手映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では現在のところプロの批評家による支持率が77%、一般視聴者による支持率が84%となっています。

ちなみにハリー・ポッターの最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝Part 2」は批評家の支持率が96%、一般視聴者の支持率が89%でした。それに比べると、多少人気は劣るといったところでしょうか。

では実際海外の視聴者がどんな意見を述べているのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の海外の口コミと反応

ピーター・レイナーさん

「JKローリングはものすごい想像力があり、デイビッド・イェーツ監督は彼女の想像力に付いて行っている。ただ、あまりにもいいことが起こりすぎるのがハリー・ポッター映画だね」

マーク・メドレイさん

「魔法動物はいいけど、登場人物に個性がない」

ロバート・ロテンさん

「ハリー・ポッターのスピンオフにしては、こんなにいい映画だと思わなくてびっくりした。よくある話かと思っていたけど、アップビートで予想不可能な展開だった」

カルロス・ディアスさん

「ハリー・ポッターとは違ったとても興味深い映画。ハリー・ポッターファンなら気に入るだろうね」

アダム・グラハムさん

「映像がひどい作品で、オーディエンスに新しい魔法をかけることに失敗している」

ディアナ・サエンジャーさん

「笑えるし、創造性があって、俳優のエディ・レッドメインが再び冴えている」

アレックス・ドエナウさん

「お金が稼げる映画であることはさておき、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は娯楽性の高い映画で、原作からは自由な発想でできていて、オリジナルのストーリーになっている」

ウェンレイ・マーさん

「エフェクト、音楽、パフォーマンス、戦闘シーンが良く、ハリー・ポッターファンは見るべき映画」

ダニカシスさん

「誰が見ても楽しめる映画。ただ、唯一のマイナス点は、みんなすでにあの魔法の世界に行ったことはあるので、本当はもっと期待していた」

アンソニーCさん

「最初のスピンオフ映画にしては素晴らしい作品。とてもよかった。何度も見たいし、見るべき映画。絶対に見たほうがいい」

バックポインターさん

「ハリー・ポッターの小説と映画のファンだから、取り残されたくなくて、それほど期待せずに映画館に行ったんだけど、興奮しないでおいたのが逆に良かった。そのおかげでラストは感動ものだった」

クリストファーGさん

「特殊効果は素晴らしく、俳優たちもとてもいい。ただ、プロットが紛らわしく、見る価値がなかった」

ケイシーCさん

「私も私の姪もとても気に入ったわ。早く続編が見たい」

レアンドロRさん

「素晴らしくて、美しい」

ネイルLさん

「ハリー・ポッターの映画にはほとんど興味がなかったんだけど、この映画には驚かされた。とても見ていて楽しかった。自分のハリー・ポッターの知識が少ないためか、少し分からない箇所もあったけど、映画は面白いよ。キャストも素晴らしい仕事をした。ただ、クィーニーだけはいまいちだったな」

トムDさん

「素晴らしい映画で、もう一度ぜひ見たいよ。コンピューターグラフィックはひどかったけど、魔法動物は格好良かった。キャラクターは面白かったし、ストーリーの展開も予想できなかった。ハリー・ポッター映画を見た人なら誰にでもおすすめできるよ」

アンドレアBさん

「1920年代のアメリカ魔法界という設定にハリー・ポッターのモチーフが限定的に散りばめられてある娯楽映画だけど、残念ながらフォーカスが定まっておらず、テンポが悪く、ストーリーもまとまりがなかった」

パトリックWさん

「本当に面白い映画で、期待以上だった。批判している批評家もたくさんいるけど、それはオリジナルのハリー・ポッターと比べているからで、この映画そのものをちゃんと評価していないからだ。絶対見たほうがいい映画で、特にハリー・ポッターファンならそうするべき。キャラクターと俳優たちがすごいよ」

pwラバーさん

「ハリー・ポッターを基にしただけあって、よくできた映画だけど、もっと強いストーリーラインを期待していた」

アントニーCさん

「いい映画だけど、ストーリーはつまらない。続編にもっといいストーリーがあることを期待してる」

ビルMさん

「率直に言うと、がっかりの映画だった。ほとんどのハリー・ポッター映画が大好きなだけにね。ハリー・ポッター映画はテンポが良く、ストーリーがノンストップだったけど、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はところどころでだれることがある。最も許せないのは、目的がほとんどなく、ただファンに映画のチケットを買わせるためだけのようだった」

ジェームスNさん

「ハリー・ポッター映画に求める全てのものが含まれた映画。トランクに入っている魔法動物のシーンは良かった。エンディングまで見入ってしまうよ」

スコットBさん

「とても良かったよ。タイムトラベル映画のような感じで、なんでもできるといった内容だったけど、ぜひ見に行ったほうがいいよ」

サラMさん

「すごく面白かった。JKローリングが作った魔法の世界へと戻る最高の方法だった」

ボブKさん

「ハリー・ポッター映画の魅力が全て失われた作品。JKローリングはセリフの書き方を忘れたみたいだった。例えばポーペンチナ(ティナ)・ゴールドスタインを演じたキャサリン・ウォーターストンはほとんど何もセリフがなかった。ただただつまらなく、ラストにベールを脱ぐだけの話」

シジヤRさん

「すごいよかった。最初のほうはスローだけど、最後はとても面白くなっていく」

まとめ

いかがでしたでしょうか。ほとんどの意見がやはりハリー・ポッターシリーズと比較した意見だったのが印象的です。期待して見た人の中には期待はずれだったという厳しい意見もありましたね。一方で熱狂的なファンには再び同じ世界を体験することができるだけでも素晴らしいものなのかもしれません。

>>ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅はU-NEXTで視聴できます

関連記事

>>ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の吹き替え声優キャスト

>>ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のトリビア&裏話まとめ

>>ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の名言&名セリフ

>>ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のあらすじと解説

>>ファンタスティック・ビーストに登場する魔法動物の名前と詳細

>>ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のキャスト一覧