映画アウトブレイクがあのパンデミックを予言!その内容とは?

この記事は 約5 分で読めます。

この時期映画コンテージョンと共に再注目されているパンデミック映画があるのをご存知でしょうかその作品とは1995年公開のアウトブレイクです

そこでこの記事では映画アウトブレイクのあらすじとポイントを一挙紹介していきます。

スポンサーリンク

アウトブレイクのあらすじ

1967年アフリカのザイールにあるモターバ川流域では域では内戦が勃発していました。ある日、内戦に参加していた傭兵部隊の間で原因不明の出血熱が流行し、多数の死者を出しました。

事態を聞きつけたアメリカ軍は、現地に視察に訪れてましたが、あまりにもひどい惨劇を前に感染者の血液のサンプルを採取したら、すぐにその場から撤退してしまいます。そしてあろうことか傭兵部隊のキャンプ地を爆撃し、証拠隠滅を図ったのです。

それから数十年後の現在、ザイールのモターバ川流域の小さな村では、再び未知のウイルスによる出血熱が流行していました。そこでアメリカ軍の軍医である正義感の強いサム・ダニエルズは現地に向かいました。

すると、そこでもかつて傭兵部隊のキャンプで起こった同じ惨劇がありました。サム・ダニエルズは部下を連れて村に降り立ちますが、部下の一人がパニックに陥り、マスクを自ら取ってしまいます。

幸い空気感染はなく、部下は無事でした。しかしながらあまりの致死率の高さと感染から死に至るまでのスピードの速さを目の当たりにサム・ダニエルズは、軍の上層部とアメリカ疾病管理予防センターに今すぐ国中に警戒令を出すように要請します。

しかし誰も彼のいうことに耳を傾けようとはしませんでした。アメリカ疾病管理予防センターには元妻のロビーが働いていましたが、離婚した直後ということもあり、二人の関係が微妙だったことから警戒令を出すどころかサム・ダニエルズはロビーと口論になってしまいます。

一方、アメリカ軍の上層部は、1967年に採取した血液サンプルから、密かに生物化学兵器を開発していたこともあり、今回のウイルスがそのときのウイルスと同じものであることを知っていました。しかしウイルスの正体が世間に知られ、予防薬が出てしまうと、化学兵器が台無しになってしまうために、サム・ダニエルズを早い段階でミッションから外すことにします。

そんな中、あるアメリカ人の密売人がアフリカから1匹の猿を密輸入してきました。猿を檻に入れて車を運転している最中、猿は自分が飲んでいた水を密売人に吹きかけました。

密売人は猿を知り合いのペットショップで売ろうとしますが、ペットショップのオーナーに断られてしまいます。それどころか猿はペットショップのオーナーをひっかき、怪我までさせてしまうのでした。

密売人は仕方なく、猿を自然に放ち、飛行機に乗って家に帰ることします。ところが飛行機の中で彼の体調は突然悪化します。空港には恋人が迎えに来てくれたものの、恋人とキスをするなり、気を失って倒れてしまうのでした。

そしてこれをきっかに密売人、密売人の恋人、ペットショップのオーナーと接触した人々が次々とウイルスに感染していき、あっという間にアメリカにパンデミックに陥っていくのでした。

そんな異常事態にも関わらず、軍が自分のことを別の任務地に送ろうとしたことを不審に思ったサム・ダニエルズは軍の命令に背いて、独自に部下たちを引き連れて患者たちのいる病院に行き、ウイルスの感染源を探ることにします。

一方でアメリカ軍の上層部はサム・ダニエルズを軍の命令に背いた反逆者として逮捕すること決め、彼の後を追います。

サム・ダニエルズがウィルスの正体の突き止め、感染を防ぐことが先か、あるいは軍がサム・ダニエルズを殺すことが先か。それともウイルスが医療崩壊と共に市民を全滅させることが先か、というのがアウトブレイクのあらすじになっています。

アウトブレイクの見所

映画アウトブレイクの場合、感染症の流行の発祥地がアフリカのザイールにあるモターバ川流域である、というのがひとつのポイントです。

そのため未知のウイルスは物語の中で、モターバウイルスと名付けられています。モターバウイルスの特徴は、高熱、下痢、全身や消化器官から出血する点にあり、エボラ出血熱がモデルになっているのはいうまでもないでしょう。

しかしエボラ出血熱よりも、致死率が高く、感染スピードもはるかに速いという点においては、まるでインフルエンザと新型コロナウイルスのような関係性とも似ていますね。

また、1967年に発見されたモターバウイルスと数十年後に発見されたモターバウイルスとでは同じウイルスでも違いがあり、爆発的に広まったモターバウイルスは空気感染を起こすように変異したタイプである、という特徴を持っていました。それまで接触感染だけだったのが、空気感染を起こすほど強力なものになっていくというところにこのウイルスの恐ろしさがありました。

ちなみに映画アウトブレイクが公開された1995年には奇しくも実際にザイールで、エボラ出血熱が流行する、という事態が起こっており、アウトブレイクもまたパンデミックを予言していた映画の一つだったのです。

以上、映画アウトブレイクについてでした。