【ネタバレ】映画アスのあらすじを結末まで徹底紹介

この記事は 約7 分で読めます。

l

自分と同じ姿をした者に襲われる新感覚ホラー映画「アス」。本作のストーリーを最初から最後まで一挙紹介します。

スポンサーリンク

映画アスのあらすじ1 サンタクルスでの出来事

少女アデレードは両親と一緒にサンタクルスのビーチにある遊園地でバケーションを過ごしていた。

アデレードの父親はピッチングゲームをやり、アデレードのために景品のTシャツをゲットしてくれた。

ある時、母親は父親とアデレードをその場に置いてトイレに向かった。父親はその間、もぐら叩きに夢中になり、アデレードがいなくなっても気づかないでいた。

遊園地の中を一人彷徨うアデレードは、長髪の男が段ボールを掲げているのを目にした。段ボールには「Jeremiah 11:11」と書かれていた。

アデレードはビーチ沿いにある鏡の館へと吸い込まれるように入っていった。あろうことかそこには鏡に映った自分だけでなく、自分と全く同じ格好をした少女がいた。アデレードは少女を見て意識を失った。

その日以来、アデレードはトラウマを抱え、別人のようにほとんど口を聞かなくなり、両親を心配させた。

映画アスのあらすじ2 サンタクルスに戻ったアデレード

それから十数年が過ぎ、大人になったアデレードは新しい家族を連れてサンタクルスの近くにある別荘地を訪れていた。

アデレードはガブリエルと結婚し、二児の母になっていた。息子のジェイソンと娘のゾーラは、どこにでもいる元気な子供だった。

家族はサンタクルスのビーチに行きたがったが、アデレードは幼少時のトラウマのことをいまだに引きずっていた。それでも仕方なく家族に付き合い、ビーチに行くことにした。

ビーチでは友人のキティとジョシュ夫婦が彼らを待っていた。もちろん夫婦の双子の娘たちも一緒だった。

みんながビーチで遊んでいると、目を離した隙にジェイソンは一人でトイレに行ってしまう。そのときジェイソンは手から血を垂らした変な男と遭遇する。

アデレードは自分の息子が行方不明になったと思い、大慌てで辺りを探す。ジェイソンがトイレから帰ってくると、パニックになっていたアデレードはもう別荘に戻ろうと言い出した。彼女のトラウマの記憶が再びフラッシュバックしてきたからだ。

映画アスのあらすじ3 不審な家族現る

すっかりトラウマがよみがえってきたアデレードは夫のガブリエルに家に帰ろうと提案する。ガブリエルはアデレードをなだめようとした。

アデレードはサンタクルスに来てからというものずっと嫌な予感がしていた。ジェイソンの部屋に行くと、時計の針が11時11分で止まっていた。

その直後、赤い服を着た複数の人間が家の前にいるのが見えた。家族のようだった。家族はただぼっと玄関の前に突っ立っていた。

ガブリエルが追い払おうとしても家族はただ立ったままで動こうとしなかった。気味が悪くなかったアデレードは警察に連絡する。すると、不審な家族はガブリエルの制止を振りほどいて、家の中にまで侵入してきた。

よく見ると、彼らは自分たちと同じ顔をしていた。

映画アスのあらすじ4 恐怖の時間

アデレードと同じ姿をしたレッドは家族の前で涙を流しながらお姫様とお姫様の影のストーリーを語りだした。お姫様が良い暮らしをしている一方で影はひどい暮らしを強いられているそうだった。

レッドはハサミで家族を脅し、アデレードに手錠をかけるように言った。ガブリエルはガブリエルの姿をした男に外に引きずり出されてしまう。

ゾーラは走って外に逃げ、ゾーラの姿をした少女がその後を追っていった。ジェイソンは自分の分身と二階に上がった。

映画アスのあらすじ5 脱出

ガブリエルはボートに乗せられていた。そこで自分の姿をした男と格闘になった。金属バッドで戦い、最後はボートのモーターに追い詰め、なんとか撃退することができた。

ゾーラは夜道を走って逃げたものの、すぐに分身に追い付かれてしまう。しかし近所の住人が出てきたことでなんとか難を逃れた。

ジェイソンは自分の分身と一緒に小部屋にいた。ジェイソンが動くと分身も同じ動きをした。マスクを取ると分身の顔は火傷だらけだった。ジェイソンはマジックを見せるフリをして、小部屋を脱げだし、ドアをロックした。

アデレードは鉄の棒を拾って、テーブルの足を破壊し、なんとか自由の身になることができた。レッドが上に上がった隙を見て小部屋から出てきたジェイソンを連れて家の外に逃げ出すことに成功する。ゾーラも走ってアデレードのもとに逃げて来た。

ちょうどそのときガブリエルがボートに乗って船乗り場に現れた。アデレード、ジェイソン、ゾーラはすかさずボートに飛び乗り、なんとか追っ手を振り払った。

映画アスのあらすじ6 別の家族

ちょうどその頃、キティとジョシュ夫婦の家にも赤い服を着た彼らと同じ姿をした人物が現れ、家族を襲撃した。あっという間にキティとジョシュと双子の姉妹は赤い服の分身たちにハサミで襲われ、命を奪われてしまう。

そこにアデレードたちが助けを求めてやってきた。出迎えたのがジョシュ本人だと思って家に入ろうとしたが、家の中は悲惨な状況だった。

アデレードだけキティの分身に家の中に連れて行かれた。ガブリエルはジョシュの分身とバットで戦った。

ジェイソンとゾーラは裏口から入り、母親を救出しようと試みる。ゾーラはゴルフのパターを持って双子の分身に立ち向かった。

キティの分身はジェイソンが置き物で殴って倒したことで、アデレードもゾーラも無傷で済んだ。

映画アスのあらすじ7 町中に出現した赤服の集団

怪我を負った両親を見て、娘のゾーラが代わりに運転した。道中にゾーラの分身が現れたが、猛スピードで轢き、アクセルとブレーキを使い分けて分身を森の奥へと突き飛ばした。

再び車を走らせると、街は赤い服を着た分身たちに襲われた被害者で一杯だった。赤い服を着た集団は手をつなぎなにやら長い列を作っていた。

駐車場に付くと、燃えた車の前にジェイソンの分身が現れた。アデレードは車を降りて彼のほうに行ったが、ジェイソンはそれが罠であることに気が付き、みんなに車から降りるように言った。

ジェイソンの分身はガソリンに火を付けようとしていた。ジェイソンが自分と同じ動きをする分身の癖を見抜き、分身を炎の中へと誘った。

分身は炎に包まれ倒れたが、ジェイソンが家族と離れたのを見て、陰に隠れていたレッドがジェイソンをその場から連れ去った。アデレードはレッドの後を追いかけた。

映画アスのあらすじ8 クローン人間たち

アデレードはかつて自分がトラウマを受けた鏡の館にいた。ジェイソンはその中に連れて行かれたに違いないと確信していた。鏡の館の中には地下に続くエスカレーターがあった。

レスカレーターを降りると、そこには別の世界が広がっていた。長細いトンネルのような廊下が続き、たくさんのウサギが自由に歩き回っていた。

アデレードはレッドの姿を見つけた。レッドは長い間この場所で人々のクローン人間が生活していたことを明かした。彼らは政府が秘密裏で行っていたクローンの実験によって作られた人間たちだった。

アデレードはレッドと格闘になり、ハサミによる攻撃を受け、今にも命を落としそうだった。しかし最後は鉄の棒でレッドを突き刺し、見事ジェイソンを救出した。

家族には再び平和が戻った。車の中で安堵の表情を浮かべるアデレードにふと昔のトラウマの記憶がよみがえってきた。

鏡の館でアデレードは意識を失い、自分のクローンに地下に連れて行かれた。クローンはアデレードに手錠をかけ、ベッドから動けなくした。

するとクローンはアデレードの洋服を着て何食わぬ顔でアデレードの両親のもとへと帰っていった。その日からクローンがアデレードとして生活し、アデレードがレッドになったのだった。

レッドこそが本物のアデレードで、アデレードのほうがむしろクローンだったのだ。もちろん家族の誰もがそんなことを知る由もなかった。外を見ると、アメリカ中のクローンが手をつないで一つになっていた。

>>映画アスのラストシーンには二つのオチがある!徹底解説

>>映画アスの海外の評価と感想まとめ

>>【ネタバレ】映画アスのトリビア!ウサギやJeremiahの意味は?