2017/05/26

怪盗グルーのミニオン大脱走のあらすじを徹底紹介

2017年6月30日に全米で公開される怪盗グルーシリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」の予告動画がついにリリースされました。そこで本作のあらすじや登場キャラクターを紹介していきます。

スポンサーリンク

怪盗グルーのミニオン大脱走のストーリー

グルーは悪事から足を洗い、すっかり普通の旦那、父親としての生活を送っていた。仕事は反悪党同盟のエージェント兼コンサルタント。

しかし生活は厳しく、娘のアグネスが仕事のない父親を見かねて、自宅庭でバザーを開き、なんとか生活費を集めようとするなど、グルーは父親の尊厳を失いかけていた。

そんなある日、グルーは因縁の相手バルタザール・ブラットが世界最大のダイヤモンドを盗んだことを新聞で知る。

バルタザール・ブラットは子供のときにTVの冠番組「イービル・ブラット」で大成功したミュージシャン。しかしながら14歳になると人気は低迷し、番組の最後のエピソードはオンエアされることなくキャンセルになるなど、バルタザール・ブラットは業界からたちまち姿を消していった。

ルタザール・ブラットの居場所を知る者はいなくなったが、彼は昔と変わらない衣装を身にまとい、過去の栄光にしがみついていた。夢は世界を征服すること。

月日が経ち、バルタザール・ブラットが世間の注目を再び浴びたのは世界最大のダイヤモンドの盗難事件を起こしたのがきっかけだった。

一方、事件のことを聞きつけたグルーの双子の兄弟ドルーはグルーを探し出し、自分の家に招待する。二人は生まれたときに両親が離婚し、それぞれ父親と母親に引き取られ、別々の道を歩んでいた。

ドルーはグルーと違って大成功し、大きな屋敷でセレブの生活を送っていた。豪邸には秘書や召使いがおり、庭には高級車がずらりと並んでいる。

自宅をグルー一家に見せて回ったドルーは二人でまたワルに戻ろうとグルーを誘い込む。二人が最後の仕事として計画するのはバルタザール・ブラットが盗んだダイヤモンドを奪うこと。ワルの血筋を引き次いだ最凶兄弟はミニオンたちを引き連れてバルタザール・ブラットに立ち向かう。

怪盗グルーのミニオン大脱走のボスキャラはバルタザール・ブラット

本作の悪役にして、物語の核を担うのはバルタザール・ブラット。1980年、子供の頃ミュージシャンとして芸能界で大活躍した彼は、大人になっても80年代の頃のスタイルを突き通し、同じタイプの衣装を身にまといます。

長髪で髭もじゃで後頭部は剥げ上がっているバルタザール・ブラットですが、ダンスのスキルはお手の物。マイケル・ジャクソンの音楽に合わせてムーンウォークを披露するなど、いまだプロ顔負けの身のこなしで、相手を翻弄しながら泥棒を働きます。そんなバルタザール・ブラットに立ち向かうのがほかでもない主人公のグルー。グルーは双子の兄弟ドルーと力を合わせ、打倒バルタザール・ブラットを掲げるのです。

しかしそれは正義の名の下ではなく、あくまでもバルタザール・ブラットが盗んだダイヤモンドを横取りしようという悪巧み。果たしてグルーとドルーはダイヤモンドを奪うことができるのでしょうか。

>>怪盗グルーのミニオン大脱走の吹き替え声優キャスト一覧

>>怪盗グルーのミニオン大脱走の登場キャラクター&出演キャスト一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で