エイリアン・コヴェナントの海外の評価と感想まとめ

ファン待望のSFシリーズ「エイリアン・ コヴェナント」が世界各国で劇場公開され、賛否両論が沸き起こっています。そこで海外視聴者の生の評価と感想をまとめてみました。

米の人気映画批評サイト「Rotten Tomatoes」における「エイリアン・ コヴェナント」の現在の評価はプロの批評家による支持率が71%、一般視聴者の支持率が62%とまずまずといったところです。

どちらかというと批評家のほうが評価が高かった同作品ですが、実際には海外の視聴者はどのような感想を述べているのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

エイリアン・コヴェナントの海外の反応

アンソニー・レインさん

「この映画を見ていると目を閉じて脚を組みたくなる理由がたくさんあるんだけど、それっと怖いってことと同じことなのかな?」

ジム・レインさん

「十分にスタイリッシュではある作品。マイケル・ファスベンダーとビリー・クラダップやほかの俳優たちがいい仕事をしている」

ポール・チャンバーズさん

「プロメテウスで使われた素晴らしいアイデアが続編のこの作品にはどこにも見当たらなかった」

アーモンド・ホワイトさん

「ロドリー・スコット監督はエイリアンシリーズを台無しにした。エイリアン・コヴェナントは今年最もひどいハリウッド映画作品」

アリソン・ジョンソンさん

「魂が感じられなく、先が読め、フラストレーションがたまるほど間抜けな映画」

マーゴット・ハリソンさん

「エイリアン・コヴェナントは最初の二作品ほどの緊張感はないけれど、それなりに娯楽性はある」

ロバート・ロテンさん

「雰囲気はオリジナルのエイリアンのようで、絶望を加えてさらにダークにした感じがする。人々が命を落していくのは、他の人のことを気にかけるからであって、優しさや同情を人間の弱さとして見せている」

スペンサー・マクリンさん

「初期のエイリアンに比べるとコヴェナントはサスペンス性に欠け、従来の怪獣映画になっている」

トーマスHさん

「プロメテウスよりはちょっとましだったけど、話がどこにも進んでいかない内容だった」

マーヴィンMさん

「まあまあな作品で、過度に宣伝されていただけにちょっとがっかりした。10段階で言うとエフェクトが良かったから6ぐらい。でも演技はつまらなかった」

トレントGさん

「プロメテウスの続編にしてはなかなか怖かったし、いい仕上がりだった。完全体のエイリアンを見たときにはもっと見たくなった」

ウェイドWさん

「続編ではどうなるんだろう? あの(宇宙船の)人々とか。ああ、もう待てないよ」

ヴィッキーTWさん

「この作品にはたくさんの種類のエイリアンが登場する。すごく気持ち悪くて、格好良かった。これからもっと色々な種類のエイリアンを見るのが楽しみだよ」

メリーRさん

「エイリアン・コヴェナントはとても娯楽性が高く、見ていて楽しかった」

マイケルRさん

「やっとリプリーと彼女のクルーたちがどうやってエイリアンを惑星で見つけたのかが分かったよ」

バーバラMさん

「唯一言えることはつまらなかったということだけ」

ジャイミDさん

「最初はちょっとダラダラしてるけど、その後すごく緊張感が増した。見る価値はあると思う。プロメテウスで残された疑問が解決した。DVDが発売されるのが待ち遠しい」

タイシアSさん

「オリジナルのエイリアンとはかけ離れていて、最後まで座席から立ち上がる準備をしていたぐらいだった」

ロバートTさん

「すごくよかった。血なまぐさく、面白かった」

フィリスMさん

「1時間半ぐらいして途中で映画館を出たよ。それでも長居したと思う。キャラクターは薄いし、脚本は先が読める。リドリー・スコット監督にはもっと期待していたけど、時間の無駄だった」

ゲリーGさん

「面白かったし、シリーズの総合的なストーリーだった。ただ、疑問に答えたと同じくらい、新たな疑問が浮上した」

スーザン・グランジャーさん

「リドリー・スコット監督が作った、新たなツルツルした怪獣のスプラッターSF映画」

モフマド・マディーさん

「前作よりはいい映画で、もし違った結末やもっと影響力があったら、エイリアンシリーズの最高傑作になっていた」

まとめ

いかがでしたでしょうか。批評の中にはかなり厳しい声もありました。一方で気に入った人はかなり絶賛しているのがポイントです。好きな人は大好きで、嫌いな人は全く話にならないといった賛否両論の意見が出る、そんな作品のようです。

>>エイリアン・コヴェナントの秘密&トリビアまとめ【ネタバレあり】